審査と個人信用情報機関

審査と個人信用情報機関

カードローンの申し込みをすると、業者は申し込み者にお金を貸すかどうか審査します。
審査をパスするとお金を借りられますが、パスしないと契約には至らずお金ももちろん借りられません。

 

審査で何を調べられるのかというと、単純に返済能力がある人かどうかチェックするのです。
借りたお金を返せない人に貸すところはありませんので、当然といえば当然です。

 

また、審査の際には業者は個人信用情報機関に照会することになります。
カードローンの利用経験がなければ、個人信用情報機関に自分の情報はありません。
仕事や収入などから返済能力の有無が判断されることになるでしょう。

 

しかしながら、カードローンの利用経験がある場合には、その情報が個人信用情報機関に載っている可能性があります。返済が遅れたことなどがあると、審査では不利になることは間違いありません。

 

また、現状で他のところに借り入れがあったり、短期間でいろいろな業者に申し込んでいた場合には、審査に悪影響を及ぼすでしょう。逆にカードローンの利用経験があったとしても、しっかりと返済し完済しているのであれば、不利にはたらくことは全くありません。

 

過去にお金を借りた経験がある人で自分の情報がどうなっているのか知りたい人は、個人信用情報機関にお願いすると確認することが可能です。なお、カードローンを利用しお金を借りると、個人信用情報機関にその情報が保存されることになります。

 

これを承諾しなければ契約成立とはなりませんが、情報が悪用されることはありませんし、厳重に管理されますので、あまり神経質に捉える必要はありません。