カードローンの返し方

カードローンの返し方

カードローンの返し方がわからない人のために、方法を解説します。
さまざまな返し方がありますが、複数対応しているところもあれば、限られているところもあります。
借りる際には自分の希望する返し方があるか、しっかりと確認しましょう。

 

店頭で返済

さて、具体的な返し方を紹介していきますが、まずは店頭での返済を挙げることができます。
これは業者の店舗に足を運び、直接お金を返すというわかりやすい手段です。

 

銀行振込で返済

次に銀行振込の返し方が挙げられます。
これは業者に指定された口座に入金する方法です。
この場合、返済するためのお金の他、振込手数料が取られることになるでしょう。

 

口座自動引き落としで返済

それから、口座自動引き落としの返し方があります。
これは自分の銀行口座から自動でお金が引き落とされることにより返済する方法です。
口座にお金があれば何もする必要がないため、忘れることがなく楽な返し方といえます。

 

ATMを利用して返済

また、ATMを利用することで返済する方法もあります。
カードローン業者のATMや、銀行やコンビニなど提携ATMを使い返済する方法です。

 

その他の返済

その他、あまりこの返し方をすることはありませんが、現金書留で返済する方法もあります。
これは郵便を利用することになりますが、返すお金以外に料金が発生します。

 

なお、返済日は毎月1度訪れますが、余裕を持って払っておきたいと返済日より早く返すこともあるでしょう。この場合、返済日から2週間以内に返したほうが良いのです。

 

2週間以内だと今月の返済日には返さなくてもいいのですが、2週間以上前だと今月の返済日に返さないといけないからです。2週間以上前の場合は月に2回返済する必要があるため、くれぐれも気を付けましょう。