在籍確認は以前はなかった?

在籍確認は以前はなかった?

今やカードローン審査で在籍確認が行われるのは当たり前の事になっています。
しかし、以前は在籍確認は行われていなかったと言うことです。

在籍確認が行われていなかったころは、
昔の勤め先を申告するような人もいたと言うことです。
また、架空の企業を記載するような人もいたと言うことです。

実際自分で申告するだけならば、どのようにでも嘘を申告することができますよね。
月収も年収もすべて事実ではないことを書き込むことが可能です。
それを防ぐためにも、在籍確認が行われるようになりました。

会社に電話がかかってくるのですから、
嘘の職場を記載することはできなくなってしまいます。

嘘の職場を記載することができなくなってしまうのですから、
嘘の月収や年収を記載することもできなくなってしまいますよね。
従って、真実のみ申告することとなります。

カードローンは、その人を信用してお金を貸すということになります。
ちゃんと仕事をしているのか、お金を稼いでいるのか、返済能力を見る上で一番大切なことですよね。

電話での在籍確認なければ、そんな根本的ことを調べることが難しくなります。
以前はなかった電話での在籍確認審査ですが、
そのような理由から今ではほぼ確実に行われるようになりました。