お金を借りる際に必要な書類

お金を借りる際に必要な書類

カードローンを利用する場合には、必要書類の提出を求められるのが一般的です。
不備があると契約を交わせませんので、事前に何を用意すべきか確認し、一式揃った状態にしておきましょう。

 

なお、何の書類が必要なのかは業者ごとに異なりますので、こちらも事前の確認が必要です。
一般的に必要になる書類をここでは挙げていますので、参考にしてください。

 

本人確認書類

まず、本人確認書類が必要になります。運転免許証、健康保険証、パスポートなどが本人確認書類として認められます。日本人でない場合には在留カードか特別永住者証明書が必要になるでしょう。

 

収入証明書類

本人確認書類以外だと、収入証明書の提出が求められる場合があります。借入金額が少額の場合は必要ないことが多いのですが、100万円以上や200万円以上など高額のカードローンの場合に求められることが多いのです。なお、収入証明書としては源泉徴収票、課税証明書、給与明細書などが該当します。また、自営業の人(個人事業主)でもカードローンを利用したいという人は多いでしょう。この場合には本人確認書類の他、確定申告書などの提出が求められることが多いです。

 

収入証明書に関しては、借入金額に関係なく必要になることが多いのが、自営業の人の場合の特徴といえます。

 

なお、必要書類を確認する場合には原本なのか写しなのかをしっかりとチェックしましょう。また、必要書類の中には直近○ヶ月のものなど、条件が付けられている場合がありますので、この点も気を付けて確認し、書類を用意することが大切です。