カードローンの概要

カードローンの概要

お金を借りる手段はいろいろありますが、その中の一つにカードローンがあります。
カードローンとは一般に、個人向けに業者が行っている小口金融のことをいいます。

 

業者には消費者金融、クレジット会社、銀行が含まれます。

 

小口金融は、簡単にいうと比較的少額のお金が借りられることを指していると解釈すると良いでしょう。

 

ただし、少額がいくらかは人により捉え方が違うでしょうが、ほんの数万円ということはなく、数十万円、場合によっては数百万円が借りられることもあります。

 

また、カードローンに関し調べていると、お金を借りた翌月、一括で返すことをキャッシングというとしているところがあります。

 

しかしながら、業者によっては必ずしも一括返済でお金を借りる方法をカードローンとはいわず、分割払いに対応しているところも多数存在しているのです。それから、カードローンの大きな特徴としては、借金をする際に用意しなくてはいけない担保や保証人が不要ということがあります。

 

ただし、これは一般的にそうというだけであり、場合によっては担保や保証人が求められることがあるかもしれません。
また、カードローンは契約後、自分が指定した口座にお金が振り込まれる仕組みになっているのが基本です。

 

そのあと借りたい場合には、キャッシングカードと呼ばれるお金を借りるための専用カードが郵送されてくるため、これを使用する形になります。なお、お金を借りた場合は当然、返済義務を負います。

 

少しくらい遅れても構わないだろうと返済を怠ると、仮に1回だけでも残りの借金を全額一括で返済するよう要求されます。